成年後見・遺言書作成支援・相続手続代行  【行政書士 ベストサポート法務事務所(台東区)】


成年後見無料出張相談
成年後見無料出張相談

相続無料相談会
相続無料相談会




事務所概要
事務所設立にあたって
事務所憲法
ロゴマークの意味
事務所アクセス
プロフィール

成年後見
遺言
相続






  高齢者法務コンサルタント
  行政書士 金田 浩一郎
  詳しいプロフィールはこちら!

  お困りのことがございましたら
 まずはお電話ください。誠心誠
 意対応させていただきます。

 〒110-0003
 東京都台東区根岸3-20-8
 TEL:03-3871-4130






本当に自筆証書遺言で大丈夫?自筆証書遺言の作成手順





 遺言書を作成するにあたって、「公正証書遺言にした方が安全確実なのはわかっているが、あまり必要がなければ手軽な自筆証書遺言ですませたい。」という方もいらっしゃることでしょう。

 しかし、自筆証書遺言には多くのリスクが伴います。自分で遺言書を保管するため、葬儀
が終わっても発見されなかったり、遺族が遺言書を破棄・隠匿・改ざんし、または様式不備で遺
言書が無効になってしまったりして遺言者の意思を実現できない可能性があります。
 また、自筆証書遺言の開封には家庭裁判所の検認が必要です。そのため、検認を受けるま
での間、相続手続きが進まないことになります。

 ですので、以下の場合を除いては、公正証書遺言を作成されることをおすすめします。

     @ 遺言者が一家の大黒柱ではない場合
     A 不動産などの高額な財産がない場合
     B 遺言者の死期が近く、とりあえず遺言書を作成する必要がある場合
     C 公正証書遺言を作成するまでの間に合わせとして作成する場合





  自筆証書遺言は、下図のように4つのステップで作成していくとよいでしょう。
  なお、詳しくお知りになりたい部分をクリックしていただければ、解説にとびます。

自筆証書遺言の作成手順




   第一に、いきなり文章を書き出すことはせずに、「どの財産を誰にやる
  の
か」等内容をしっかりと決めてから書くようにしましょう。思いついたま
  まに書き出してしまうと、わかりにくくなってしまい、その遺言書が新たな争
  いを引き起こすことになってしまいかねません。
   第二に遺言の内容はなるべくシンプルにしましょう。文章が長く複雑
  になるほどそれだけ書き間違いが生じやすくなります。そうすると、遺言書
  が無効になってしまう可能性もでてきます。


   1. 遺言書を書く道具を準備する      
      便箋、封筒そしてボールペン等の筆記用具を準備しましょう。
      これらはこれでなければ駄目という決まりはありませんが、長期間の
     保存に耐えうるものにしてください。

      筆記用具は、黒や紺などの濃い色のボールペンや万年筆等を使うの
     が一般的です。
      用紙は、破れにくいようにある程度厚みがあり、書きやすいように罫線
     の入ったものがよいでしょう。また、訂正のことも考えて広めに余白の
     あるものがよいでしょう。
      封筒は、中身が透けて見えないように、厚みのあるものを選びましょ
     う。


   2.遺言書を書く際の注意点
      以下の点を守らないと、遺言書が無効になってしまいます。十分
     に注意しましょう。

      @ 全文自筆にする
         タイトル・本文・日付・署名をすべて自分で筆記します。縦書
        きでも横書きでも、どちらでもかまいません。ワープロやパソコン
        による入力、第三者の代筆は認められません。手の力が弱くなっ
        ているからといって、他人に手を添えてもらって書いても、第三者
        の意思が働いたとして無効になる可能性があります。
         なお、必須事項ではありませんが、本人を特定できるように住所
        も記載しておいたほうがよいでしょう。
      A 押印する
         押印は認印や拇印でもかまいませんが、やはり実印がベスト
        です。認印を使用する場合は、朱肉をつけて押印するタイプのも
        のを使いましょう。


   3.訂正の仕方
      以下の点を守らないと、遺言書が無効になってしまいます。
      訂正箇所が数箇所になる場合には、面倒でも書き直すことをおすす
      めします。
     
       @ 間違えた部分を二重線で消しその脇に正しい文字を自筆します。
       A 訂正した箇所に、署名の部分に押したものと同じ印鑑で押印しま
        す。
       B 遺言書の余白に、どの部分をどのように訂正したかを付記し、そ
        の部分に署名します。


     
   封印しなくても法的に問題はありませんが、封印しないと家族等に
  中身を見られて改ざんされるおそれがあります。
ですので、下記の手
   順で封印しておきましょう。
   
       @ 封筒の表側に「遺言書」と書き、裏側に「本遺言書は私の死後、開
       封せずに速やかに家庭裁判所に提出してください」などと書いて、
        日付と署名を自筆してから押印します。
       A 遺言書を封筒に入れて開封口をのり付けし、その部分に遺言書に
       押したものと同じ印鑑を押します。

   なお、封筒に入れる前に遺言書のコピーをとっておくと、後で内容を見直
  すときに役立ちます。


   保管場所は自宅の金庫や貸金庫、タンスや机の引き出しの中などが考え
  られますが、どこに保管するかは結構難しい問題です。
   貸金庫に預ける場合には、配偶者など本人以外の第三者も金庫を
  開けら
れるように生前に手続きをしておくとよいでしょう。
   保管場所に困ったら、長年の友人や顧問税理士等信頼できる第三者に預
  けるのも一つの方法です。








ホーム事務所案内業務案内料金のご案内お問い合わせリンク集トップ

成年後見・遺言書作成支援・相続手続代行は、行政書士 ベストサポート法務事務所へ

TEL:03-3871-4130   E-mail:ko-kaneda@best-support.info